« 1月2日の串本 【1】 タテジマキンチャクダイ・ミドリリュウグウウミウシ・ハナゴンベyg.・マダライロウミウシ・タツノイトコ  | トップページ | 1月4日 南条で臨時日本海 EF81-108 »

2013年1月 9日 (水)

1月2日の串本 【2】 キイロサンゴハゼ・ヒレナガスズメダイyg.

2本目 サンビラ 晴れ 気温12℃ 西の風12m 水温18℃ 透視度15m 波高2m→3m 風波大

予想通り、太陽が高くなってくると急に風が強くなってきました。海は一面に白波がたち、砕けた波頭が風で吹き飛ばされるほど。こうなると住崎エリアに行くことはできず、多少風の影響が少ないサンビラになりました。年に数回しか潜らないポイント。いくつかの生物情報をもらってエントリー。ここまで風が強くなると、風波とはいえ水深10mくらいまでは少し揺られます。

まずはキイロサンゴハゼ。聞いていた場所で確認。ただ、大変なのはここから。サンゴの間をチョロチョロ動くのでストロボの角度を変え、光の回る位置に来たときにレリーズ。時間はずいぶんかかりますが、確認しながら撮れるのはデジタルだからこそ。で、とりあえず撮ることができました。

キイロサンゴハゼ -17m
20130102336211

その後、アオギハゼを見にいくと、いるにはいましたが全く寄ることができず、退散。次に行ったのはヒレナガスズメダイの幼魚ですが、聞いていた通り警戒心が強く、苦労の割に写真にならず・・・

ヒレナガスズメダイyg. -14m
20130102337789
ここで50分を超え、アンカーに向かいます。戻る途中、だいたい聞いていた場所でダイダイヤッコに遭遇。でも手遅れ。撮りたかったダイダイヤッコ。あまり入ることのないポイントで、この水温になると、もうチャンスはなさそうです。またいつか現れてくれることを願って、横目で見るだけでボートに戻りエキジット。波はさらに高くなり、ラダーをつかむだけでもひと苦労するほどでした。

このあと10mを超す風が吹き続け、海況は悪化。串本エリアはクローズになりました。

|

« 1月2日の串本 【1】 タテジマキンチャクダイ・ミドリリュウグウウミウシ・ハナゴンベyg.・マダライロウミウシ・タツノイトコ  | トップページ | 1月4日 南条で臨時日本海 EF81-108 »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/56476511

この記事へのトラックバック一覧です: 1月2日の串本 【2】 キイロサンゴハゼ・ヒレナガスズメダイyg.:

« 1月2日の串本 【1】 タテジマキンチャクダイ・ミドリリュウグウウミウシ・ハナゴンベyg.・マダライロウミウシ・タツノイトコ  | トップページ | 1月4日 南条で臨時日本海 EF81-108 »