« 9月12日の串本 【1】 クマドリyg.・アオイソハゼ・イロブダイyg. | トップページ | 9月13日 紀伊大島 【1】 キシマハナダイ »

2012年9月15日 (土)

9月12日の串本 【2】 マダラタルミyg.

2本目 グラスワールド(住崎エリア) 快晴 気温28℃ 南西の風3m 水温28℃ 透視度15m~18m 凪

2本目はマダラタルミの幼魚が見つかったグラスワールド。エントリーした西のアンカーからすぐに移動をはじめ、聞いた場所に直行。水深約9mの浅場でシコロサンゴが群生するエリアです。しばらくさがすと体長5cmほどのマダラタルミの幼魚がいました。そして、近くにもう1個体。3個体見つかったと聞いていましたが、確認できたのは2個体でした。

さて、どう撮ろう?いつものようにまずは魚の動きを観察。より小さな個体はロープやヤギ類につくことが多いのですが、この子たちは何につくこともなく底からおよそ1mくらいの中層を10mくらいの範囲で別々に行ったり来たりしています。常に泳いでいるので鰭を開くことはほとんどありません。

このあと、ここで40分以上。鰭を開いた瞬間にレリーズできたのは1カットのみ。でも、射程距離に入らず、暗いバックに黒い鰭が溶け込んで・・・ダメでした。その撃沈画像がこれ↓
20120912653215
そして、近づいて撮れたカットは鰭を開いておらず・・・水深が浅いのでエアはまだ半分以上残っているのですが、他のダイバーも乗っているボートなので、およそ60分であがらなければ・・・泣く泣く撤収です。ということで、今回のグラスワールドはマダラタルミだけでした。

鰭を開いたシーンをキッチリ撮るなら、あまり泳ぎ回らないもう少し小さめの個体が現れるのを待つほうがいいかも知れません。

-9m マダラタルミyg.
20120912653219
20120912653220
20120912653222

|

« 9月12日の串本 【1】 クマドリyg.・アオイソハゼ・イロブダイyg. | トップページ | 9月13日 紀伊大島 【1】 キシマハナダイ »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/55653660

この記事へのトラックバック一覧です: 9月12日の串本 【2】 マダラタルミyg.:

« 9月12日の串本 【1】 クマドリyg.・アオイソハゼ・イロブダイyg. | トップページ | 9月13日 紀伊大島 【1】 キシマハナダイ »