« 9月19日 配1974レ EF64-1050 | トップページ | 9月20日 本州最南端を走る283系 くろしお1号 »

2012年9月25日 (火)

9月20日 串本 【1】 ニシキヤッコyg.・イロブダイyg.キハッソク

16日から17日にかけて九州の西を北上した台風16号の影響でうねりが入り、18日までクローズとなった串本は19日から潜れるコンディションに回復。20日はうねりはなくなりましたが、かきまぜられた水と降った雨の影響が残り、水の色は悪く、透視度は10m以下でした。

1本目 住崎 晴れ 気温26℃ 西南西の風3m 水温28℃ 透視度5m〜10m 波高 風波1m

台風前に見られた巣穴を持っていない魚や甲殻類は、うねりで飛ばされてしまった可能性大。逆に流れ着いたものもいるかも知れません。新しい発見を求めて、特に目的のないままエントリーし、深い側のエリアに向かいました。

隠れ場所となる亀裂が多い岩の付近は、小さな魚にとって外敵に襲われるリスクが少なく安全な場所。丹念に見ていると、ニシキヤッコの幼魚を見つけました。10円玉くらいのサイズ。岩の隙間を背を向けてチョロチョロ動いているので、じっくり寄って撮ることはできません。動くルートを見極め、そこを通った時にレリーズしますが、なかなか思うように決まりません。

あとで写真を見ると、背びれの後ろを何かにかじられたようで、欠けています。

-24m ニシキヤッコyg.
20120920653369

ふと足元を見ると、イロブダイの幼魚。今年は何の情報もなくても住崎エリアでは1ダイブすればどこかで見られるくらいの多さです。

-24m イロブダイyg.
20120920653373

すぐそばにはキハッソクの姿も。たまに見かけることはありますが、なぜか撮った記憶がありません。

-24m キハッソク
20120920653375

|

« 9月19日 配1974レ EF64-1050 | トップページ | 9月20日 本州最南端を走る283系 くろしお1号 »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/55717948

この記事へのトラックバック一覧です: 9月20日 串本 【1】 ニシキヤッコyg.・イロブダイyg.キハッソク:

« 9月19日 配1974レ EF64-1050 | トップページ | 9月20日 本州最南端を走る283系 くろしお1号 »