« 8月7日の串本 【1】 ヤマブキスズメダイyg.・ベニハナダイ | トップページ | 8月12日 臨時日本海 EF81-101 »

2012年8月18日 (土)

8月7日の串本 【2】 モンスズメダイyg.・ササスズメダイyg.・イロブダイyg.

2本目 グラスワールド(住崎エリア) 晴れ時々曇り 気温29.5℃ 水温27℃ 南西の風2.5m 波高1m(うねり) 

2本目は同じ住崎エリアのグラスワールド。今回、特に目的はなかったので、久しぶりに北に向かいました。コレというものは見つからず、ここでイソハゼの仲間とオオメハゼ。どちらもごく普通に見られる魚です。このあと、アンカー方向に戻り、残った時間を西の棚で使うことにしました。

中層に群れる魚のなかに、完全にオスになったハナゴイがいました。同じくメスの成魚も。底に近いところには体長1cmほどの幼魚の群れもいます。少し前にはハナゴイの幼魚が現れただけで話題になっていたことがウソのようです。オス・メスの成魚。たくさんの幼魚。若魚も見られ、こうなると死滅回遊でなく串本で生産されている可能性も捨てきれません。

その群れのなかで、活発に泳いでいた体長およそ2cmのモンスズメダイと3cmほどのササスズメダイですが、水の色が悪いうえに浮遊物が多く、記録写真程度にしか撮れませんでした。

2012年8月12日 -14m モンスズメダイ
20120807114665


2012年8月12日 -14m ササスズメダイ
20120807115994

エントリーから55分。同じボートに乗り合わせた人たちをあまり待たせる訳にいかず、アンカーに戻った時、イロブダイの幼魚が目に入りました。このイロブダイは終始ゆっくりした動き。この体色が警戒色なのか、身を守る戦略は何でしょう?私は今年初めて見ましたが、住崎エリアのあちこちで目撃情報があり、当たり年なのかも知れません。

2012年8月12日 -15m イロブダイyg.
20120807116111


|

« 8月7日の串本 【1】 ヤマブキスズメダイyg.・ベニハナダイ | トップページ | 8月12日 臨時日本海 EF81-101 »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/55388081

この記事へのトラックバック一覧です: 8月7日の串本 【2】 モンスズメダイyg.・ササスズメダイyg.・イロブダイyg.:

« 8月7日の串本 【1】 ヤマブキスズメダイyg.・ベニハナダイ | トップページ | 8月12日 臨時日本海 EF81-101 »