« 7月9日の久米島 【3】 ルリホシスズメダイ・ゾウゲイロウミウシ・エリグロギンポ | トップページ | 7月10日の久米島 【5】 セグロチョウチョウウオ・ホシゴンベyg.・コクテンサザナミハギ・アカホシカニダマシ・ルリホシスズメダイ »

2012年7月19日 (木)

7月10日の久米島 【4】 クダゴンベyg.・フチドリハナダイ・スミレヤッコ

久米島2日目。梅雨前線がやや北にあがり、天気が回復すると共に、南西の風が吹き始めました。1本目は迷わずウーマガイにエントリー。

1本目 ウーマガイ 曇り 気温29℃ 南西の風5m 水温28℃~27℃ 透視度30m以上 

前日チェックした魚の場所を思い出し、動くコースを考えながらトロップオフ沿いを降下。まずはクダゴンベの幼魚から。前日はヤギの間に挟まるような位置にいましたが、今回はいい感じに撮れました。

-42m クダゴンベyg.
20120710113528

20120710113530

そしてすぐ近くにいるアケボノハゼを撮ろうとすると、前日と同様、寄ることは寄れるのですが、鰭を開くのはピュンピュンと前に動く瞬間だけ。何カットかトライしましたが、ここで長居をするとあとが厳しくなってしまいます。早めに見切って深度をあげ、フチドリハナダイのいる壁際に向かいました。

この日も曇って薄暗く、スミレヤッコがたくさん出ています。このスミレヤッコ、晴れて明るい時はだいたい岩の壁に腹側を向けてせわしなく泳いでいるので、なかなか寄らせてくれませんが、今回は落ち着いて撮ることができました。こうして見ると、鮮やかな青と黄色のからだの縁が蛍光色に光るように見え、その美しさを再発見できました。

-36m スミレヤッコ
20120710113541

20120710113542

フチドリハナダイは今回も満足できる結果を得ることはできませんでした・・・
-36m フチドリハナダイ♂
20120710432653_5
20120710432651

20120710432653_3


-36m フチドリハナダイ♀
20120710432655

このあと、ヒオドシベラの幼魚のいるところに寄りましたが、既にかなりの減圧が必要な時間。ここで誘惑に負けるとあとが大変。横目で見ながら棚の上に戻り、第二ラウンドの開始です。

|

« 7月9日の久米島 【3】 ルリホシスズメダイ・ゾウゲイロウミウシ・エリグロギンポ | トップページ | 7月10日の久米島 【5】 セグロチョウチョウウオ・ホシゴンベyg.・コクテンサザナミハギ・アカホシカニダマシ・ルリホシスズメダイ »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/55211005

この記事へのトラックバック一覧です: 7月10日の久米島 【4】 クダゴンベyg.・フチドリハナダイ・スミレヤッコ:

« 7月9日の久米島 【3】 ルリホシスズメダイ・ゾウゲイロウミウシ・エリグロギンポ | トップページ | 7月10日の久米島 【5】 セグロチョウチョウウオ・ホシゴンベyg.・コクテンサザナミハギ・アカホシカニダマシ・ルリホシスズメダイ »