« 7月4日 藤尾の陸橋で3096レ EF81-633 | トップページ | 7月1日の串本 【6】 イソギンチャクモエビ・クマノミyg. »

2012年7月 5日 (木)

7月1日の串本 【5】 ヒレナガスズメダイyg.・アオイソハゼ・シュンカンハゼ

鉄道の記事をひとつはさんで、7月1日の串本の海に戻ります。

2本目はサンビラとグラスワールドに行くボートがありました。迷いましたが、休日のグラスワールドはダイバーが集中し、思い通りに動けない可能性大。そこで、久しぶりで様子がわからないものの、貝殻拾いも有望なサンビラに入ることにしました。

2本目 サンビラ(錆浦) 雨 気温24℃ 西南西の風約4m 透視度8m~12m 波高0.5→1m

まずは、洞窟状の岩の割れ目を見に行くと、その入り口付近にヒレナがスズメダイの幼魚。といっても、もうかなり黒っぽく、目つきもきつくなった中学生といったところ。もう少し小さければ鮮やかな黄色に黒のラインがクッキリでかわいいんですが…

-14m ヒレナガスズメダイyg.
20120701896200
すぐ横のサンゴにはアオイソハゼ。ごく普通種のアオイソハゼですが、サンビラではサンゴの上に乗っていることが多いので、この色と模様を見ると、カメラを向けてしまいます。

-14m アオイソハゼ
20120701896203
足元に目をやると、泥と同じ色のハゼ。シュンカンハゼです。たまに見かけますが、地味な色と逃げ足の早さもあってかあまり話題にのぼりません。すぐに逃げるから「シュンカン」かと思いきや、平安時代の僧侶「俊寛」が和名の由来とか。その姿、かたち、しわだらけの顔?からなのか、俊寛が流刑された九州の島(喜界島、硫黄島、伊王島、諸説あるそうです)と関係があるのかよくわかりません。

-14m シュンカンハゼ
20120701896205

|

« 7月4日 藤尾の陸橋で3096レ EF81-633 | トップページ | 7月1日の串本 【6】 イソギンチャクモエビ・クマノミyg. »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/55109867

この記事へのトラックバック一覧です: 7月1日の串本 【5】 ヒレナガスズメダイyg.・アオイソハゼ・シュンカンハゼ:

« 7月4日 藤尾の陸橋で3096レ EF81-633 | トップページ | 7月1日の串本 【6】 イソギンチャクモエビ・クマノミyg. »