« 6月23日の串本 【2】 オオモンカエルアンコウ・クマノミ | トップページ | 6月24日の串本 【2】 ハナゴンベ・アオイソハゼ・オキナワベニハゼ »

2012年6月28日 (木)

6月24日の串本 【1】 アナモリチュウコシオリエビ・

1本目 備前 曇り 気温22℃ 北東の風約3.5m 水温23℃ 透視度15m~20m

ひと晩で透視度は劇的にアップ。台風前の青い海が戻ってきました。備前では前日、1カットも撮れなかったミナミハナダイを撮りにいくつもりでしたが、東寄りの風でボートが西に振れ、ちょうど共生ハゼが多いエリアに近くなりました。台風後の砂地の様子も確かめておきたかったので先に砂地の探索。さすがに砂地の様子は一変し、台風前に見られたネジリンボウやヒレナガネジリンボウの姿を確認することはできず、期待のヤシャハゼも見つかりません。

砂地で時間を使ってしまいましたが、やっぱりミナミハナダイを見に行かなければ・・・急いで移動。潮が動き、魚たちは前日以上に広い範囲に広がっています。しばらく探してようやくミナミハナダイを確認。やっぱり1個体だけ。ただ、昨日以上に活発に泳ぎ回り、鰭を開くタイミングはなかなかありません。この日も距離を詰めた状態で背びれを開いた瞬間を捉えることはできず、2日連続の撃沈に終わりました。

エントリーから50分。ここで見切ってアンカーに戻ろうと動き始めたところでシマアジの群れに遭遇。やっぱりワイドのカメラも欲しいなぁ、と思いつつ無理やりマクロレンズを向けてレリーズ。前も後ろもカツカツの画像。まぁ、証拠写真ですから・・・

-22m シマアジ
20120624889751


何も撮らずにあがるのも悔しいので、台風後も変わらず同じ穴に住んでいる通称ロボコン、アナモリチュウコシオリエビをササッと撮影。もう、同じボートに乗っていたダイバーは誰もいません。大丈夫な程度に急いで浮上。

-17m アナモリチュウコシオリエビ
20120624889755

久しぶりに2日間潜り、海はそう悪くないのに苦戦は続きます。

|

« 6月23日の串本 【2】 オオモンカエルアンコウ・クマノミ | トップページ | 6月24日の串本 【2】 ハナゴンベ・アオイソハゼ・オキナワベニハゼ »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/55058527

この記事へのトラックバック一覧です: 6月24日の串本 【1】 アナモリチュウコシオリエビ・:

« 6月23日の串本 【2】 オオモンカエルアンコウ・クマノミ | トップページ | 6月24日の串本 【2】 ハナゴンベ・アオイソハゼ・オキナワベニハゼ »