« 5月28日 安土で5087レ EF65-1040 | トップページ | 6月1日 5087レ 改番されたEF65-2061 »

2012年6月 2日 (土)

5月27日の串本 オオモンカエルアンコウ・ベニカエルアンコウほか

27日は休み。串本に行ってきました。この日、午後には用事があったので、午前中に2本。外洋は台風2号の影響でうねりがあり、流れも入っているようで、住崎エリアでゆったり潜ってきました。今回は収穫が少なかったので2本分をまとめてアップです。

1本目 住崎エリア アミハタ 気温21℃ 北東の風約5m 水温21℃ 透視度10m~12m 波高1m

「アミハタ」は住崎のすぐ東側のポイント。過去に2度しか入っていませんが、あまりいいイメージはありません。最近までピンクスクワットロブスター(サクラコシオリエビ)がいたというスリバチカイメンの場所を聞き、エントリー。直行して探しましたが見つけることはできませんでした。さてここからはアテがありません。不慣れなポイントでウロウロしましたが、結局これといったものは見つけられずエキジット。写真はスリバチカイメンにいた体長3cmほどの(たぶん)フサカサゴです。

-18m フサカサゴ?
20120528442211

2本目 住崎 気温23℃ 東北東の風6m 水温21℃ 透視度10m~12m 波高1m

2本目は住崎。アオリイカの産卵狙いでボートが集まっています。今回は東のアンカーからのエントリー。ボートの真下がアオリイカの産卵床です。数個体のイカのまわりをダイバーがとり囲んでいるのを上から見ながら、北に向かいます。

最近サクラダイの幼魚が現れたらしいのですが、見つけることができず、根を移って5月9日以来見ていなかったオオモンカエルアンコウを確認。そこで、会ったガイドのI君に、岩の窪みに身を寄せるベニカエルアンコウを教えてもらいました。これは教えてもらわなければ絶対見逃してしまいます。感謝!

ベニカエルアンコウは串本では個体数が少なく、あまり見ることがありません。

-20m ベニカエルアンコウ
20120528442220
おなじみのオオモンカエルアンコウはヤギにつかまっていました。なんだかバランスが悪そうな姿勢です・・・
-20m オオモンカエルアンコウyg.
20120528442224
-18m/-20m オトヒメウミウシ
20120528442215 20120528442222
-18m クチナシイロウミウシ
20120528442213
たくさんのダイバーに恐怖心を感じたのか、アオリイカが産卵床から離れたところでポツリポツリ泳いでいます。そして途中通った産卵床にはアオリイカの姿はありませんでした。

そしてメインの根の壁に張り付いた体長30cmほどのオオモンカエルアンコウ。お化け屋敷に出てくる化け物のようなグロテスクな姿。ほぼ正面からの顔ですが、どこが目でどこに口があるかわかりますか?とても魚だと思えませんね。
-17m オオモンカエルアンコウ
20120528442217

|

« 5月28日 安土で5087レ EF65-1040 | トップページ | 6月1日 5087レ 改番されたEF65-2061 »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/54822149

この記事へのトラックバック一覧です: 5月27日の串本 オオモンカエルアンコウ・ベニカエルアンコウほか:

« 5月28日 安土で5087レ EF65-1040 | トップページ | 6月1日 5087レ 改番されたEF65-2061 »