« 6月23日の串本 【1】 ツユベラyg. | トップページ | 6月24日の串本 【1】 アナモリチュウコシオリエビ・ »

2012年6月28日 (木)

6月23日の串本 【2】 オオモンカエルアンコウ・クマノミ

2本目 住崎 曇り 気温23℃ 東北東の風2.5m 水温23℃ 透視度5m~15m 波高1.5m うねりあり

まずは台風前とほぼ同じ場所に留まっているというオオモンカエルアンコウを見に向かいました。前日にいたと聞いていたところで確認。見つかったときからずいぶん成長し、今では体長10cm近くになっています。遊泳力の弱いカエルアンコウ。しばらく見ているとあくび。何ごともなかったかのようにじっとたたずんでいる姿をみると、どうやって台風のうねりをやり過ごしていたのか聞いてみたいところです。

-23m オオモンカエルアンコウ
20120623185224

メインのアンカー近くに沈められていたアオリイカの産卵床はほとんど飛ばされてしまいました。ここに産み付けられた卵がどこかで孵化し、ちゃんと育っていることを祈るばかり。このあと、いくつかの根をチェックしたものの、これといったものは見つけられず、メインのアンカー近くの大きな根に戻ります。

根の上のイソギンチャクにはクマノミのペアが住み、ハッチアウト直前でもう目が見えている卵に口や鰭で盛んに水流を送り懸命に世話をしています。うねりの影響をモロに受けそうな場所。このクマノミたちも台風の間、どのように過ごしていたのでしょう?

-15m 卵の世話をするクマノミ
20120623185263


20120623185264


|

« 6月23日の串本 【1】 ツユベラyg. | トップページ | 6月24日の串本 【1】 アナモリチュウコシオリエビ・ »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/55058379

この記事へのトラックバック一覧です: 6月23日の串本 【2】 オオモンカエルアンコウ・クマノミ:

« 6月23日の串本 【1】 ツユベラyg. | トップページ | 6月24日の串本 【1】 アナモリチュウコシオリエビ・ »