« 6月14日の串本 【1】 ベニカエルアンコウ・アマミスズメダイyg. | トップページ | 6月15日 配1974レ EF64-1020 »

2012年6月18日 (月)

6月14日の串本 【2】 ネジリンボウ・ジョーフィッシュほか

2本目 グラスワールド→備前 気温23℃ 東北東の風 約9m 水温23℃ 透視度20m 波高1m

グラスワールドではこれといった目的はありません。水温も上がり、共生ハゼが活発になりはじめています。透視度もいいので、少し足を延ばしても迷う心配がなく安心。2本目はグラスワールドにアンカリングしたボートから備前の共生ハゼが多く住むエリアに向かいました。

砂地をゆっくり進むとヒレナガネジリンボウとネジリンボウを相次いで確認。場所をチェックしてさらに進みますが、期待のヤシャハゼやホタテツノハゼは見つからず。去年にはたくさんいたヤノダテハゼも見あたりません。あまり長く探していると、撮る時間がなくなってしまいます。諦めてヒレナガネジリンボウのところに戻り、寄る態勢に入ります。しかし警戒心が強い!ペアのうち1個体は早々と巣穴に入ってしまい、残る1個体もからだの半分くらいを巣穴から出しているだけ。しばらくこう着状態が続いたので断念し、近くのネジリンボウにターゲットを変更。

こちらも警戒心が強く、寄ると着底しますが、たまに流れてくるプランクトンを捕食するため、浮き上がることもあります。共生するエビはさらに警戒心が強く、何度か鼻先を見せただけで終わり。今回はここまで。

ネジリンボウ -23m
20120614774451

備前からグラスワールドに戻り、昨日は孵化直前の卵を口にくわえていたというジョーフィッシュを見に行きます。ところが卵は既に持っていません。巣穴に置いている可能性もあるかとしばらく待ちましたがダメ。残念なことにこの1日でハッチアウトしてしまったようです。次回の子育てに期待ですね。

ジョーフィッシュ -18m
20120614774694

同じボートで潜ったDive ZestのM氏に教えてもらったサクラダイの幼魚。水深30mあたりに多いサクラダイですが、異例に浅いところに現れています。迷子になってしまったのかも・・・
サクラダイyg. -15m
20120614774591

最後にエキジット間際に見かけた体長およそ7cmのヤマドリです。

ヤマドリ -11m
20120614774696

|

« 6月14日の串本 【1】 ベニカエルアンコウ・アマミスズメダイyg. | トップページ | 6月15日 配1974レ EF64-1020 »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/54989365

この記事へのトラックバック一覧です: 6月14日の串本 【2】 ネジリンボウ・ジョーフィッシュほか:

« 6月14日の串本 【1】 ベニカエルアンコウ・アマミスズメダイyg. | トップページ | 6月15日 配1974レ EF64-1020 »