« 11月12日 山間に響くディーゼルの唸り | トップページ | 11月16日 住崎のイソコンペイトウガニ »

2011年11月23日 (水)

11月16日 串本に現れたチョウチョウコショウダイの幼魚

1本目 住崎→備前 晴れ 北の風 約5m 気温13℃ 水温24℃ 透視度15m~20m

チョウチョウコショウダイが現れたことを聞いたのが10月末。早く見たいと思いつつ、なかなか行くことができませんでしたが、16日、ようやく行くことができました。

前回チョウチョウコショウダイの幼魚を見たのは、2006年秋。このチョウチョウコショウダイ、からだの模様もさることながら、なまえの通り、蝶のようにヒラヒラ泳ぐ姿はとても魚とは思えないかわいさです。ただ、止まることなく、常に頭を下にして岩の表面をついばみながら泳ぎ回っているので、撮影の難易度はかなり高く・・・その時はタンク3本分を費やしてようやく満足できる結果に。今回はデジタルで挑戦です。

まずは前日にいた場所を教えてもらうと、比較的わかりやすく、ひと安心。あとはチョウチョウコショウダイがそのままいることを願うのみ。早朝出港の1本目は備前に行くボートでしたが、住崎で落としてもらいました。水面こそ北風で波立っていますが、潜ってしまえば穏やかで青く抜けた水。いるのかいないのか?少しドキドキしながらその場所に向かいます・・・いましたsign01エントリー前に聞いた、その場所にチョウチョウコショウダイがヒラヒラと泳いでいる姿が見えました。

それから悪戦苦闘が始まります。動きが激しく、ピントが合った確信が持てないままおよそ30カットを撮ったところで50分。備前まで移動してエキジット。結果、満足できるカットはありませんでしたが、何とか見られる写真は撮ることができました。

このチョウチョウコショウダイ、その美しさ、かわいさに加え、被写体としては難しく、それだけに夢中にさせてくれる魚です。次に出会えるのはいつになるかわかりませんが、思い出に残る撮影になりました。

2011年11月16日 和歌山県 串本 住崎 -22.5m チョウチョウコショウダイyg.
2011111699871
2011111699873

|

« 11月12日 山間に響くディーゼルの唸り | トップページ | 11月16日 住崎のイソコンペイトウガニ »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/53307598

この記事へのトラックバック一覧です: 11月16日 串本に現れたチョウチョウコショウダイの幼魚:

« 11月12日 山間に響くディーゼルの唸り | トップページ | 11月16日 住崎のイソコンペイトウガニ »