« 8月29日 5087レ EF65-1078 | トップページ | 8月30日の串本 【2】 住崎 »

2011年9月 3日 (土)

8月30日の串本 【1】 グラスワールド

8月後半は仕事に余裕があり、30日も休みがとれました。連休がほしいなぁ…と思ってもしかたありません。26日に続いて串本に行ってきました。

いつものように22時30分頃に仕事を終えて串本に向かいましたが、串本を目前にしてアクシデント。路上に出ていたシカと衝突。その衝撃から察するとおそらく即死。シカにはかわいそうなことをしてしまったのはもちろん、クルマもかなりのダメージを負いましたが、何とか走れる状態だったので30日は予定通り潜りました。

26日以来3日しか経っていないので、見られる魚に大きな変化はありません。26日には既に台風12号のうねりが届いていましたが、台風の動きは遅く、底揺れはあるものの、まだ普通に潜ることができるレベル。ただ、透視度はかなり落ちていました。

1本目 グラスワールド 晴れ 気温29℃ 水温27℃ 透視度5m~8m
今回、グラスワールドの一番の目的は、前回見つけられなかったレモンスズメダイ。比較的浅いところに現れるので目にする機会が少なく、私は串本で見たのは初めてです。

改めて場所を聞くと、前回探していた場所とは違い・・・今回はすぐに見つけることができました。しばらく動きを観察すると、比較的狭い範囲を行き来しています。バックの色まで意識できないのは残念ですが、レモンスズメダイは警戒心が薄いのか、人を恐れることなく寄っても平然としていました。

和歌山県 串本 住崎エリア グラスワールド -14m レモンスズメダイ
1108306001 1108306002
夏も終わりに近づき、増えてきた死滅回遊魚。派手な色彩の多いチョウチョウウオのなかにあって、黒白のシックな色あいのカガミチョチョウウオ。体長5cmほどの若魚です。
-15m カガミチョウチョウウオ
1108306003_2 
その後、夏前くらいに現れていながら、まだ見ていないハナヒゲウツボの幼魚を見ようと移動。しかし、聞いた場所には見あたりません。諦めて戻る途中、15cmほどの小さなミカドウミウシを見つけました。ちょっと気の毒ですが、指先で少しからだを浮かせると、ヒラヒラと泳ぎはじめ、どんどん上昇していきました。これがスパニッシュダンサーといわれる所以。ほんとうにピッタリなイメージです。
-15m ミカドウミウシ
1108306004 1108306005

 

|

« 8月29日 5087レ EF65-1078 | トップページ | 8月30日の串本 【2】 住崎 »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/52614918

この記事へのトラックバック一覧です: 8月30日の串本 【1】 グラスワールド:

« 8月29日 5087レ EF65-1078 | トップページ | 8月30日の串本 【2】 住崎 »