« 9月6日 朝の湖西線 【3】 日本海 EF81-43 | トップページ | 9月8日の8096レ EF81-406 »

2011年9月 8日 (木)

9月7日も湖西線で日本海 EF81-107

前日に続き、7日朝にも通称オノワニ、湖西線の和邇~小野間に日本海を撮りに行ってきました。前日にも増して雲は少なく、曇る心配はほぼありません。安心して列車を待つことができました。

6日はトワイライトカラーの43号機。晴れていればトワイライトカラーも悪くはないのですが、日本海にはやっぱりローズピンクの機関車が似合います。

定刻にやってきたのは、まだまだきれいな107号機。比良山系の山肌に雲は残りましたが、黄金色になった稲穂を前景に、青空のもとローズピンクの機関車が牽く青い客車。この先も長きにわたり、こんなシーンが見られることを願うばかりです。

日本海の通過直後、この区画の持ち主がコンバインを積んだトラックで到着。すぐに稲は刈りとられてしまいました。間一髪。長雨のあと晴れた2日間、いいタイミングで撮影することができました。

2011年9月7日 4002レ 湖西線 和邇~小野 EF81-107
1109071002 1109071001

|

« 9月6日 朝の湖西線 【3】 日本海 EF81-43 | トップページ | 9月8日の8096レ EF81-406 »

ブルートレイン・夜行列車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

EF81」カテゴリの記事

コメント

稲刈り、間一髪だったのですね。でも、普通は朝早くから作業されるのが農家の常なので、日本海通過を待ってくださっていたのかもしれませんね。

この雲の具合いいですね。まったく雲がないすっきりした青空と比良もいいに決まっているのですが、こうして少し雲がある絵もアクセントになってすてきです。

投稿: まむし | 2011年9月 8日 (木) 23時44分

まむしさん
ありがとうございます。

おそらく、この水田の持ち主の方は撮影者の
動きを知っておられるのだと思います。
ただこれは、道路上とはいえコンバインを降ろすためトラックを
止める場所に日本海が通過するまでは私たちが
三脚を立てているから「仕方なく」かも知れません。
私たちは遊び。できる限り仕事の支障にならないよう、
配慮しなければならないと感じました。

雲も写真の一要素としてポイントになりますね。
同じところでも撮るたびに変化する風景は、
難しくもあり、面白くもあります。

投稿: 海と蒸気 | 2011年9月10日 (土) 00時38分

 この日私は「鵜川」にて撮影をしておりました。
この場所は晴れていても下から雲が湧いてくると聞いた事があります。
確かに雲一つ無い空も良いですが作品の雲は山をより雄大に見せとても感じ良く思いました。
雲一つで大きく変わる出来栄えやイメージ。様々な景色の中の「日本海」の撮影を続けたいです。

投稿: 弧鉄 | 2011年9月10日 (土) 18時05分

弧鉄さんは鵜川におられたのですね。いかがでしたか?
できれば行きたかったのですが、時間が足りませんでした。
どの季節も条件が揃うことは稀で、思い通りに撮ることは
至難の業ですね。

投稿: 海と蒸気 | 2011年9月10日 (土) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/52674293

この記事へのトラックバック一覧です: 9月7日も湖西線で日本海 EF81-107:

« 9月6日 朝の湖西線 【3】 日本海 EF81-43 | トップページ | 9月8日の8096レ EF81-406 »