« 鉄道写真 番外編 1973年 宮崎のC61-20 | トップページ | 8月6日 水上で見た電車 113系・185系 特急水上 »

2011年8月19日 (金)

8月12日~14日の串本

久しぶりの3連休は串本。今回は家族でのんびり過ごしました。
12日は起きたのがお昼頃。この日は潜らず、暑さが和らいだ夕方から釣りに出かけ、まずはメッキ(ギンガメアジなどの幼魚)狙い。ルアーに対して活発に反応し、コツン、コツンと当たってくるものの、まだまだ小さく針にかからず、釣れるのはクサフグばかり。対岸の紀伊大島でガシラ(カサゴ)狙いに切りかえ、しばらくして釣れたのは20cmほどのメバル。
1108129991_3   
温帯系のメバルは黒潮の影響を大きく受ける潮岬の西側ではほとんど確認例がなく、東側に限られています。同じようにアワビやサザエも潮岬を境に東側でしか見られません。おもしろいことに、熱帯系のいきものはどちらでも見られるものが多く、低水温を好む温帯系の生物が西側で見られない傾向があります。ほんの数kmの違いで生息する生物の種類が大きく異なるのも、ここ串本のおもしろいところです。

夜はペルセウス座流星群を観察しましたが、今年は満月に近い月があるため条件は悪く、1時間あまりで4つしか見ることができませんでした。

13日は早起きして、近くの海岸で貝殻拾いをしたあと、潜りに出かけました。

1本目 イスズミ礁 晴れ 気温29℃ 水温27℃ 西南西の風3m 透視度約12m

久しぶりのイスズミ礁。イスズミ礁は地形はおもしろいのですが、マクロで写真を撮るにはいまひとつのポイント。何でもないものにカメラを向けたり、貝殻を探したりしながらの60分でした。

2本目 住崎 晴れ 気温30℃ 水温27℃ 西南西の風3m 透視度8m~10m

お盆休みの住崎エリアはダイバーが集中。たくさんの人が入っているので、巻き上げられた泥や砂によって濁っています。こうなるとテンションはdownできるだけ人のいないところを選んで動きますが、いまひとつ冴えない1本になりました。

遊泳性のカモハラギンポですが、今回はこうして穴に入って顔を出している個体を多く見ました。確認できませんでしたが、産卵後、卵を守っているのかも知れません。撮っているときには気づきませんでしたが、頭に寄生虫がついています。

住崎 -20m カモハラギンポ
1108125501
オーバーハング状になったところにいるイソハゼの仲間とオオメハゼ。

住崎 -17m イソハゼの仲間
1108125505
住崎 -17m オオメハゼ
1108125507
産卵後のクマノミは、周辺を常にきれいに保とうと頻繁に卵に近づきます。卵を見るために、触ったダイバーがいたようで、イソギンチャクが縮んでいます・・・
住崎 -14m 卵を守るクマノミ
1108125509
潜ったあとは釣りに行き、そのまま漁港で空を見上げて上空を飛ぶISS(国際宇宙ステーション)を観察。ISSのすぐそばを流星が流れました。shine


前日の13日は海の中が人でいっぱいでいつものようにのんびり楽しめなかったので、14日のダイビングはパス。この日も日没後しばらくしてISS(国際宇宙ステーション)が上空を通過します。12日、13日とも肉眼では見ていましたが写真を撮っていなかったので、今回は釣りの準備に加え、カメラを持って行きました。日が暮れるまでキスを釣っておかずを確保?
1108146001c その後釣り道具を片づけ、同じ場所にカメラをセットしてISSを待ちました。フレームに橋杭岩と串本大橋を入れてスタンバイ。しかし、時間が近づくにつれ、雲が増えてきました。coldsweats02
1108147001 そして雲の間からISSが見えたのはかなり角度が高くなってから。風景と一緒にフレームに入れることができない位置でした。空に明るさが残っているので露出時間を長くすることができず、いまひとつの結果になってしまいました。1108146002_2 東からのぼってきた満月とISS。漁港の明かりを避けたので、不自然なフレーミング・・・think
1108143001_2 1108148003_2

|

« 鉄道写真 番外編 1973年 宮崎のC61-20 | トップページ | 8月6日 水上で見た電車 113系・185系 特急水上 »

ダイビング」カテゴリの記事

水中写真」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
潜水につり、なかなか充実されていますね。
しかし、こういう言い方は失礼かもしれませんが、ISSまで撮影されますか。
ちょっと、びっくり。私なんか、そういうものまで頭が回りませんので、すごいなあと感心しました。

投稿: まむし | 2011年8月24日 (水) 22時41分

まむしさん
こんばんは!

ほぼ毎年、この時期はペルセウス座流星群を見るのも兼ねて、
串本に出かけています。
今年は満月と重なったので流星の写真は撮りませんでしたが、
ちょうどいい時間にISSが上空を飛びました。

肉眼で見ると光が移動するだけで離着陸時の飛行機と
変わらないのですが、そこに人が乗っていると思うと、
ロマンを感じます。そして時を同じくして宇宙飛行士が流星群の
観測をしていると聞くとなおさらです。

望遠鏡を使えばもちろんですが、超望遠レンズにテレコンを
つければ、ISSのかたちがわかるまでに撮れるそうですが、
そこまではとてもできません・・・coldsweats02


投稿: 海と蒸気 | 2011年8月25日 (木) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/52490789

この記事へのトラックバック一覧です: 8月12日~14日の串本:

« 鉄道写真 番外編 1973年 宮崎のC61-20 | トップページ | 8月6日 水上で見た電車 113系・185系 特急水上 »