« 磐越西線 DD51重連牽引の石油輸送列車 【5】 | トップページ | 4月12日の日本海 EF81-107 »

2011年4月13日 (水)

磐越西線 DD51重連牽引の石油輸送列車 【6】

三川でこの日の撮影は終了!の気分でしたが、クルマの燃料補給ついでに新津に向かいました。列車が新関駅に停車中に追いついたものの、あたりは薄暗くなっており、きれいな写真が撮れる明るさではありません。駅のホーム先端はかなりの人だかりで、そこに加わる気にもならず、駅を通り過ぎた農道からカメラを構えました。ISO2000で何とか撮ったのがこれ。完全におまけのカットです。このあと新津から高速に乗って京都まで。1600kmあまりの走行になりました。

今回、震災関連の列車を撮るのは不謹慎なのでは?ほんの100km先は被災地です。行っていいものか?考えましたが、答えは出ません。自分の欲求を満たすために行ったというのが正直なところです。

ただ、感じたのは、この列車を撮るために集まった多くの撮影者の数と対照的に一般の観光客の姿がなかったこと。被災地近くに住んでいる方は、まだまだ観光気分どころではないでしょうし、「福島県」というだけで放射能を恐れて避けている人もあるでしょう。

この点に関しては、この列車を撮影しに行く人たちは漠然と放射能を恐れるのではなく、客観的に安全であることを知り、この地に足を運んでいるはずです。直接の被害がなかったところも風評被害は深刻です。こんな時こそ沿線で鉄道ファンがお金を使えば、今回の震災による被害からして、微々たるものに過ぎないとはいえ、マイナスになることはないと思うのです。自らの行為を正当化する屁理屈だと言われてもしかたありませんが・・・

2011年4月11日 9293レ 磐越西線 新関〜東新津 DD51-759+DD51-852
1104074007

|

« 磐越西線 DD51重連牽引の石油輸送列車 【5】 | トップページ | 4月12日の日本海 EF81-107 »

ディーゼル機関車」カテゴリの記事

貨物列車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

今晩は。桜の花も地元ではそろそろ終盤に。明日雨が予想されそれが花散らしとなりそうとか・・・。まだ撮り足りません。
しかし、撮影の合間に桜に限らず自然の中でくつろぐと心身共癒されます。その一方で今回の震災の様に深く傷つける事もあります。一体自然とは我々にとってなんだろうか?と、考えてしまいます。
ところで、被災地の方々の事を思い考えればある程度の自粛も止む無しかと思います。しかし、余りに過敏になるのもどうかと思います。折しもあるTV番組に会津若松で民宿の女将さんが出演し宿泊客が激減し大変困ってると涙ながらに訴えていました。その時、今回の磐越西線の貨物列車撮影時に利用すればこれも立派な支援になるのではと思いました。あれもこれも駄目と、がんじがらめになるよりその時々の行動に慎みがあれば良いのではと私は思います。

投稿: 弧鉄 | 2011年4月14日 (木) 18時50分

弧鉄さん
コメント、ありがとうございます。
この雨でソメイヨシノは完全に終わりましたね。
桜をあしらった鉄道写真はあまり撮ったことがありませんが、
見頃が短いだけに難しそうですね。

今回の震災の規模から、被災していない人がどう過ごすべきか、
いろいろな考えがあるようです。

被災地を見物に行くようなことは論外ですが、直接被害の及んでいない周辺地域を活性化させることは必要だと思います。

ただ、震災とは関係なく、地域に迷惑をかけるような行為は慎まなければなりませんね。

投稿: 海と蒸気 | 2011年4月19日 (火) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/51371090

この記事へのトラックバック一覧です: 磐越西線 DD51重連牽引の石油輸送列車 【6】:

« 磐越西線 DD51重連牽引の石油輸送列車 【5】 | トップページ | 4月12日の日本海 EF81-107 »