« 12月3日 在来線技術試験車 223系 U@tech | トップページ | 11月17日の紀伊大島 【1】 オハグロベラyg. »

2010年12月 9日 (木)

家の窓から サンライズ瀬戸・出雲

ブルートレイン亡きあと、東海道を走る唯一の夜行列車となった、サンライズ瀬戸・出雲。新型の電車になったとはいえ、ダブルデッカーのボリューム感ある車体は風格十分です。

最近、鉄道に興味を持つようになり、寝る前にこの列車を見ることが多くなりました。月水金(日付が変わっているので正確には火木土ですが)にはEF66牽引の6171レとサンライズ瀬戸・出雲がちょうど家の前あたりですれ違うので、ワム貨物のジョイント音も合わせて楽しむことができます。

いつもは見るだけでしたが、この間、ふと思いついて撮ってみました。線路まで約250m。何本もの電柱やたくさんの電線が線路にかかり、昼間は全く写真になりませんが、周囲が暗い夜ならシャッタースピードを思い切って落として流せば障害物が目立たなくなります。写真のデキとしては論外ですが、家の窓からの「見たまま」として自分なりにはうれしいカットです。

暗闇に浮かぶ2列の柔らかな色の照明。よく見るとカーテン越しにハンガーまで写っていました。

2010年12月7日 5032M 東海道本線 京都~山科
1012073001  

|

« 12月3日 在来線技術試験車 223系 U@tech | トップページ | 11月17日の紀伊大島 【1】 オハグロベラyg. »

鉄道」カテゴリの記事

JR形電車」カテゴリの記事

コメント

今晩は。これまた幻想的な作品ですね。「夜行特急電車」らしい表現かと思いました。窓灯りも印象的で生物の様です。流したので邪魔な電柱や電線がここではスピード感に役立っているようです。暗闇の中にも明暗があって見入ってしまいました。子供の頃に絵本か何かで見た懐かしさも感じました。

投稿: 弧鉄 | 2010年12月 9日 (木) 20時57分

弧鉄さん、こんばんは。
100%自己満足の写真で、本来とても見ていただけるような
代物ではありませんが、雰囲気を感じてくださり、
とてもうれしく思います。ありがとうございましたsign01
情緒たっぷりな夜行寝台列車。
いつまでも走り続けてほしいものです。


投稿: 海と蒸気 | 2010年12月10日 (金) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/50250387

この記事へのトラックバック一覧です: 家の窓から サンライズ瀬戸・出雲:

« 12月3日 在来線技術試験車 223系 U@tech | トップページ | 11月17日の紀伊大島 【1】 オハグロベラyg. »