« SLやまぐち あすか号 【3】 | トップページ | SLやまぐち あすか号 【5】 »

2010年10月20日 (水)

SLやまぐち あすか号 【4】

16日の9522レを津和野城址で撮ったあとは、湯田温泉のホテルにチェックイン。久しぶりに会ったSL仲間と食事に出かけ、楽しく過ごしました。beer

翌17日の天気予報は晴れ。sun晴れるなら曇った16日のリベンジです。まだ暗いうちにチェックアウトし、長門峡に向かいます。意外なことに前日よりスペースが残っており、2列目に三脚を立てることができました。ここからはまたまた通過まで6時間待ち。考えてみれば、6時間あればクルマで京都から山口まで楽々移動できるんですね。coldsweats02

太陽が昇ると早朝からの霧は晴れ、快晴。今日こそは大丈夫、と思っていると10時頃から雲が出てきました。そして通過の5分前に太陽は雲の中に・・・cloud長門峡に列車が到着したタイミングではまだ陰っていましたが、発車の汽笛と共に手前から日が射してきました。鉄橋を渡るC57とC56はどちらも申し分ない煙sign03あとは光があたってくれれば・・・鉄橋を渡り、迫ってくる2両の機関車には間一髪、日があたってくれました。scissors

2010年10月17日 9521レ 山口線 長門峡~渡川 C57-1+C56-160
1010173001 1010172001  

|

« SLやまぐち あすか号 【3】 | トップページ | SLやまぐち あすか号 【5】 »

ジョイフルトレイン」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

SLやまぐち」カテゴリの記事

コメント

うわー
煙のボリューム、風向き、光線状態
何も言う事無しですね!

うらやましいーーーーーーっ!w

投稿: こにたん | 2010年10月20日 (水) 19時47分

こにたんさん
これは、キマリましたscissors
このときには9522レで、あんなことになるとは
思っていませんでした・・・coldsweats02

投稿: 海と蒸気 | 2010年10月21日 (木) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/49791749

この記事へのトラックバック一覧です: SLやまぐち あすか号 【4】:

« SLやまぐち あすか号 【3】 | トップページ | SLやまぐち あすか号 【5】 »