« 夏の撮影旅行 【15】 喜多方をあとにするSLばんえつ物語 | トップページ | 夏の撮影旅行 【17】 鯨波で485系T18編成 »

2010年9月 3日 (金)

夏の撮影旅行 【16】 夕暮れの馬下をゆくSLばんえつ物語

昨年のお盆明け、馬下の順光側で夕日に輝くC57-180を撮り、次は逆光側でシルエットを撮りたいと思っていました。天気のいい今回はチャンス。馬下をメインに考え、途中追いかけて撮影はせずに馬下に向かうことにします。
唯一、野沢だけはほとんど時間のロスにならないので寄りましたが、ただ撮っただけに終わりました。

2010年8月22日 8233レ 磐越西線 野沢~上野尻 C57-180
1008223003
空を気にしながら馬下に向かいますが、ほとんど雲はなく期待できそうです。着いた時はまだ太陽が高かったのですが、時間とともに低くなり、赤く色づいてきました。太陽が列車と重なる位置に三脚を立てますが、バックには山や鉄塔、送電線があり、ここからでは列車をきれいにシルエットで抜けないのが辛いところ。そうこうするうち、時間になりました。
やがて馬下を通過するC57がうしろに見えました。爆煙sign01そのままがんばれsign03少し風が出たものの煙は持ってくれ、なかなかいい雰囲気に撮れたと思います。WBは晴天のまま、画像処理をほとんどせずにこれだけの色が出てくれれば十分でしょう。

2010年8月22日 8233レ 磐越西線 馬下~猿和田 C57-180
1008223007 1008223008

|

« 夏の撮影旅行 【15】 喜多方をあとにするSLばんえつ物語 | トップページ | 夏の撮影旅行 【17】 鯨波で485系T18編成 »

蒸気機関車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

SLばんえつ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515286/49328350

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の撮影旅行 【16】 夕暮れの馬下をゆくSLばんえつ物語:

« 夏の撮影旅行 【15】 喜多方をあとにするSLばんえつ物語 | トップページ | 夏の撮影旅行 【17】 鯨波で485系T18編成 »