2017年10月15日 (日)

2017年10月12日の串本 アカメハゼ・ガラスハゼ・セボシウミタケハゼ

10月12日、近畿中部に停滞する前線の南側に位置する串本は朝からよく晴れ、気温は高く風も穏やか。夏に戻ったようなダイビング日和。午前中に2本潜ってきました。

1本目 備前~住崎 晴れ 気温24.1℃ 南東の風1m 水温25℃ 透視度15m 凪

1本目は7時半出港。目覚ましをかけ、なんとか起きてダイビングサービスに滑り込み。アンカリングは住崎の予定でしたが、備前からエントリー。まずは砂地に出てヒレナガネジリンボウとホタテツノハゼにトライするも警戒心が強く、共生するコトブキテッポウエビが出てこず、無減圧時間が残り少なくなり、1度もレリーズできないまま撤収。浅場に移動し、最近話題のガラスハゼと同居するアカメハゼ。

このアカメハゼ。10個体以上のガラスハゼが住むアカヤギに流れ着いた1個体。常にアカヤギに乗るガラスハゼに対し、活発にホバーリングするアカメハゼ。ホバーリングをやめるときは沖縄など本来の生息地ではサンゴの先端にちょこんと乗っかりますが、ここではアカヤギに乗るしかありません。すると、本来の住人であるガラスハゼが追い払いにやってくるので、いかにも居心地が悪そうです。

-20m アカメハゼ
20171012082335


南のアンカー近くのリュウキュウイソバナの周りにいたアミメハギの幼魚。

-16m アミメハギyg.
20171012083429

20171012083550

2本目 住崎~備前~住崎 晴れ 気温25.3℃ 南西の風2m 水温25℃ 透視度15m 波高0.3m

2本目も住崎にアンカリング。1本目、十分な時間がとれず手応えがなかったアカメハゼをもう一度撮り直すのと、近くで最近目撃されたというイロカエルアンコウを探そうと、備前に移動。結局、イロカエルアンコウを見つけることはできませんでした。

ガラスハゼとアカメハゼのツーショットですがこれも一瞬。この直後、ガラスハゼがアカメハゼを追い払いました。

-20m アカメハゼ+ガラスハゼ
20171012101128_2

アカメハゼ
20171012100740
20171012101826

セボシウミタケハゼ
20171012095121
20171012095834

ヤリカタギyg.
20171012102903

夕方は1時間ほどエギを投げに防波堤に。秋が深まり、いいサイズになってきました。
20171012172207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

2017年10月7日の1072レ EF66-27

7日、27号機は昼間に関西を通過する1072レで上ってきます。仕事の時間を調整して出かけてきました。メインに考えていたフレーミングは微妙・・・ヘッドマークは好きじゃないですが、サブ機で撮った縦アングルのカットをアップ。

2017年10月7日 1072レ
20171007062531

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月5日 撃沈・・・5767レ EF66-27

10月5日は休み。午後2時過ぎに用事を済ませたあと、久しぶりに27号機、5767レを撮りに行くことにしました。不慣れなエリア。撮影地をゆっくり探す時間はなく、多少なりとも様子がわかっている清洲周辺に向かいます。

下り坂の天候ながら18時頃までの晴れ予報に期待して、高いフェンスを何とか交わしてセッティングを始めます。ポジションを決める前にやってきたDD51重連の石油貨物。フェンスが写り込んでしまいました。しかしその後、曇り空に変わり・・・

通過する何本かの貨物列車でフレーミングを微調整。そして踏切が鳴り、27号機の姿が見えたタイミングでうしろを見るとしらさぎのヘッドライト。何とかズレでくれ~願いは空しく打ち砕かれ、奥も手前もモロ被りで撃沈。まぁ、前回ここで晴れカットを撮っているから・・・と思うしかありません。

2017年10月5日 東海道本線 清洲~稲沢 DD51-1146+DD51-1156
20171005160835

8057レ EF210-16
20171005163053

5767レ EF66-27
20171005164142
20171005163524
せっかく名古屋まで来てこのままでは帰れんわ!このあと市内中心部に入りましたが、クルマなので飲むわけにはいかず食べるだけ。それでは気が済まず、名古屋名物をいろいろ買い込んで家で残念会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日・30日 エゾリス・ハルニレの木・シマリス

石北貨物を撮影したあとは帯広に移動して音更神社でエゾリス。どんより曇った森の中。重くて暗いレンズしか持ってないし露出が全然ない!ISO2500や3200まで感度を上げ、手ブレ補正をONにして、チョロチョロ動き回るエゾリスを追って悪戦苦闘。

エゾリス
20170929124743
20170929125122
20170929130254
20170929131121


翌30日は3時起き。帯広からクルマで約30分。豊頃町のハルニレの木を見に行きました。東の地平線が白み、太陽が昇るまで、刻々と変化する色。素晴らしい風景でした。
20170930043744
20170930044825
20170930054351

ホテルに戻る前に、また音更神社に寄ってエゾリスを撮影。
20170930065211
20170930065252
20170930075848

帯広で昼食をとったあと札幌に移動し、円山公園でシマリス。

シマリス
20170930142527
20170930142610
20170930142715
20170930151014

深夜、早朝の撮影が続き、滞在中の睡眠時間は3~4時間。めっちゃ疲れたけれど、目的のいきものには出会うことができ、充実の4日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 常紋越えのDF200 石北貨物

27日、28日の2日間で鳥やヒグマの撮影は満足できたので、ちょっとはテツもしようと、石北貨物に転戦することに。ほとんど寝ないまま午前4時半過ぎにシマフクロウの撮影を終え、荷物をまとめて急いで出発。ちょうど海を隔てた国後島から日が昇るタイミングだったのでスマホで撮影。
20170929200200

知床から常紋まではおよそ200km。予定通り8時過ぎに到着。時間をちゃんと調べず通過時間はだいたい8時半くらいだったかとのんびりしていると、遠くにディーゼルエンジンの唸る音。幸いここはゆっくり登ってくるので、なんとか三脚に望遠をセットし、もう1台は露出オートで手持ちで連写!焦った~。ここまで来て撮れなかったら、ホンマ、なんのこっちゃ・・・ですよね。

2017年9月29日 石北本線 生田原~西留辺蘂 8071レ DF200-10+DF200-4
20170929082136d
20170929081522

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 知床のヒグマ

27日夜から日が変わる時間までシマフクロウの撮影地で粘り、ホテルに戻ったのは未明。翌28日は朝からヒグマウォッチングのボートに乗船しました。約2時間の行程で見られたヒグマは海岸を歩く小ぶりの個体と、山の斜面で休む1頭の計2頭でした。

ヒグマ
20170928085822

ボートを降りたあとは陸上でヒグマ探し。ここにはアップしていませんが、運よくカラフトマスの捕食シーンに遭遇し、迫力のシーンを撮ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 知床のオジロワシ

ユーラシア大陸北部で繁殖し、日本には主に冬季に渡ってくるオジロワシですが、一部の個体群は渡ることなく北海道の北部・東部に留まっており、この時期見られるのは、留鳥として通年暮らしている個体だと思われます。

オジロワシ
20170928134049
20170928135139
20170928135602
20170928135928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日~29日 シマフクロウ 【2】

天然記念物であり、絶滅危惧種でもあるシマフクロウは今では北海道に約140羽が生息するのみとなった体長60cm~70cm、翼開長180cmにもなる日本最大のフクロウ。開発により営巣できる森林が減少し、河川改修や遡上するサケマス類を河口部で捕獲してしまうこと、カメラマンやバードウオッチャーが生息域に入り込むことで営巣に悪影響があったり、交通事故、魚網への拘束事故など様々な要因で手厚い保護の取り組みにも関わらず、個体数は増加していません。

そんなシマフクロウですから、野生とはいえ個体は完全に管理され、このつがいが住んでいるのは環境省が設置した巣箱。そして、自然渓流をせき止めた給餌池がつくられています。そして、このエリアをテリトリーとするつがいが魚を捕食しに来るところを少し離れた屋内から厳格なルールのもとで撮影します。

28日は早めに夕食を済ませ、日没直後からスタンバイ。その後、午前1時頃まで粘ったあとウトウトしてしまいましたが、その後、午前4時過ぎまでペアの2個体が代わる代わる姿を見せてくれました。

20170928201511
20170928201949
20170928203032
20170928223100
20170929042608
20170929042611
20170929042619
20170929043732
20170929004411
20170929004219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

2017年9月27日 北海道のシマフクロウ【1】

このブログのタイトルは海と鉄道なんですが、海はともかく鉄道撮影に関しては筋金入りの「テツ」という訳じゃなく、撮りたい車両、シーンが減ると共に撮影に出る回数も減ってしまいました。SLやまぐちも好きだった撮影ポイントが撮りづらくなったことで足が遠のいて・・・そろそろブログのタイトルも変えないとダメかな?なんて思い始めているところです。

9月27日~30日の日程で少し遅めの夏休みをとり、北海道に行ってきました。今やトワイライトエクスプレスをはじめ、カシオペアやSLも北海道から姿を消し、かつてのように鉄道を追いかけることはできません。去年は千歳基地の航空祭が目的でしたが、今回はシマフクロウをはじめとした野生生物が渡道のテーマ。

19時頃現地入りしてスタンバイ。待つこと3時間以上。ようやく現れたのが22時過ぎ。そして次に別の個体が現れたのが0時前。その後午前1時まで粘るもシマフクロウは戻ってくることなく撤収しました。

シマフクロウ
20170927234111
20170927222013
20170927233410
20170927233411

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

2017年9月24日の串本 タテジマキンチャクダイyg.・ユカタハタyg.・ナンヨウハギyg. 他

9月24日の串本は朝から曇り空でしたが海は穏やか。午前中に2本、潜ってきました。

1本目 グラスワールド くもり 気温24.6℃ 東北東の風2.2m 水温26℃ 透視度15m 波高0.5m

グラスワールドは6月12日以来。エントリー後、混雑を避けて北の根に向かいます。前回見つけていたフチドリハナダイが定着して育っていてくれれば・・・淡い期待もあったんですが、やっぱりいませんでした。どこかで生きていることを祈って。

おなじみの、タテジマキンチャクダイの幼魚。そういえば今年、タテジマキンチャクダイの成魚の個体数が少ない気がします。

-22m タテジマキンチャクダイyg.
20170924085734



ソフトコーラルの周りに群れるキンギョハナダイ。いいシチュエーションですが、ほとんど流れがないので、群れの向きがバラバラ。

-20m キンギョハナダイ
20170924090023_2


-22m クチナシイロウミウシ
20170924091425

-19m セボシウミタケハゼ
20170924091822



このあと、最近話題のハナヒゲウツボの幼魚がいるというエリアに行きますが、見つけられず。一度エサをとると数日出てこないこともあるというハナヒゲウツボ。この日は隠れていたようです。

2本目 住崎 くもり 気温24.8℃ 東の風3.2m 水温26℃ 透視度15m 波高0.5m

2本目は住崎の浅い側の常アンカーからエントリー。いつもチェックするソフトコーラルでアオサハギとミナミゴンベ。

-14m アオサハギ
20170924094214

-16m ミナミゴンベ
20170924111220


ここから浅場に移動する途中で見つけたユカタハタの幼魚。まだ斑点がなく、キンギョハナダイとそっくり。これを見ると、ハナダイがハタ科であることも納得。とても臆病で、鰭を開いてくれませんでした。

-12m ユカタハタyg

20170924113639

ユカタハタを撮っているとき、すぐ横で目に入ったニラミギンポ。

-12m ニラミギンポ
20170924114814


昨年と同じ場所に流れ着いたナンヨウハギの幼魚。

-8m ナンヨウハギyg.
20170924115146


-8m フタイロコバンハゼ
20170924115033
20170924115212


アンカー近く、岩の割れ目の奥にいるフリソデエビは、光を回すことができず、見るだけに終わりました。


そして夕方、雲が多く小雨が降り、地上からは太陽が沈む瞬間は見られませんでしたが、南東の上空には光が入って虹が出て息をのむような美しさ。カメラを取りに走る間に虹はほとんど消えてしまい、辛うじて残ったところをスマホで撮ったのがこれ。
201709241800000

日没からしばらく経って西の空は毒々しいほど深い色に染まりました。

紀伊大島から見る串本大橋
20170924175305


そろそろ秋のシーズンイン。1時間ほどで4ハイでした。
20170924182609_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年9月14日の串本 【2】 ツチイナゴの幼虫・シイノトモシビダケ