2017年5月20日 (土)

2017年5月20日 大阪上空を飛ぶダグラスDC-3

1935年に初飛行したダグラスDC-3。性能と経済性、輸送力のバランスがとれ、事実上、世界で初めて商業ベースに乗った旅客機といわれ、派生型を含めるとおよそ16,000機も製造された名機です。そんなDC-3ですが、スイスの時計メーカー、ブライトリングが維持の支援をしている動態保存機が製造77年記念のワールドツアーで世界各地を回っており、日本には4月29日に熊本に到着。その後、神戸、福島と大地震の被災地を回りデモフライトなどのイベントを開催していますが、5月19日~21日は神戸空港を拠点に大阪市上空を回るフライトが予定されています。

これを見逃すとおそらく二度と見ることができない飛行機・・・20日午前、ひと目見たくて出かけてきました。神戸空港に行けば確実ですが、午後からは仕事。そして人出も多そうなのでパス。前日の飛行ルートから予測すると大阪港周辺がよさそう。10時予定の1回目のフライト時間に合わせて向かっていると・・・えっ!電車の窓から見えたのは大阪市内に向かって飛ぶDC-3!もうパニック状態で駅の改札を飛び出してダッシュしていると、後ろからエンジン音が迫り、真上を通過していってしまいました。時計を見るとまだ10時になってない。うそやん・・・

ガックリしてベンチにへたり込んでしまいましたが・・・ただ、この日はもう1度フライト予定があったのがラッキーだった。気を取り直して今度は逃さないよう、スマホで状況を確認しなが待つこと1時間半。2度目も予定より15分ほど早く離陸したという情報をキャッチ。まもなく西の空にDC-3の機影が見え、上空を通過したあと大阪市内を大きく左旋回し、再び西を向いて神戸空港に戻っていきました。

ドタバタしながらもなんとか撮れたDC-3。今の飛行機にはないレトロなフォルムとレシプロエンジンの独特な音。いい思い出になりました。

2017年5月20日 ダグラスDC-3
20170520100100
20170520100200
20170520100300
20170520200100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 D51200本線試運転 【3】

米原から梅小路に戻る回送。
サイドから見ると、これでもか!っていうほど施された真鍮色の飾り帯やランボードやテンダの白線が目立ちます。東の498号機と比べると、なんか厚化粧やなぁ・・・

2017年5月19日 試9997レ 東海道本線 稲枝~能登川
20170519200300
20170519100300
20170519400100

能登川~安土
20170519200400
20170519100400

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月19日 D51200 本線試運転 【2】

木ノ本から米原まではバック運転。煙は期待せずに姉川付近で伊吹山バック。あわよくば、伊吹山のシルエットくらい水面に映らないか期待したけれど、あえなく撃沈。

2017年5月19日 試9292レ 北陸本線 虎姫~長浜 D51200+EF65-1133
20170519100200
20170519200200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 D51200 本線試運転 【1】

昨年10月20日に一旦行われたD51200の本線試運転は、テンダの軸発熱で草津で打ち切り。およそ半年経った5月19日、仕切り直しの本線試運転がありました。

この日は名神高速のリフレッシュ工事の期間中で渋滞必至。送り込みを撮って本番に間に合わなければ「なんのこっちゃ」なので、直接北陸本線に向かいました。どうせ直接なら早めに行って、SL北びわこでは寄りつくことのない激戦区にトライ。幸い、何とかスペースを見つけることができスタンバイ。

初めて本線をちゃんと走る姿を見るD51200は予想通りのほぼスカ。今まで北びわこ・本線試運転を通じていちばん速く、足が短いこともあってドラフト音はダダダダダッと連続音。正面から見ると、C571同様のシールドビームがちょっと残念。

2017年5月19日 試9291レ 北陸本線 河毛~高月 D51200+EF65-1133
20170519100100
20170519200100

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

2017年5月18日 安土 繖山から56レ福山レールエクスプレス EF200-

アップ順が前後しますが、5月18日、1072レのおよそ1時間前に通過した56レ。きれいに揃った福山通運のコンテナ。この日はEF200の代走でいい記録になりました。

2017年5月18日 56レ 東海道本線 安土~能登川 EF200-17
20170518200563

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日の串本 ピグミーシーホース・ニシキウミウシ

1本目 浅地 晴れ 南南西の風2.1m 水温21℃ 透視度15m 波高1m 強い下り潮

休みが急に決まった12日。いろいろ用事があったので急遽串本行きを決定。せっかく行ったんだから、朝、1本だけ潜ってきました。

久しぶりの浅地。とりあえずの目標は噂に聞きながら串本ではまだ見たことがなかったピグミーシーホース。流れがあるなかエントリー。頑張って根のトップにとりつきます。10匹くらいのカンパチの群れを横目に、フィンの力では泳げず腕の力で前進。こうなるとデカいハウジングはキツいです。ようやく根の縁まで進んで潮影をさらに潜降し、ドロップ下の水深33mあたり。

オフで潜っていたKくんにピグミーシーホースを教えてもらうも、こっち向かない、ストロボの光が回らないで撃沈。ふと顔を上げると軽く1m超えのカンパチがぐるぐる回ってます。これ、串本で見たカンパチのなかでは最大級。できることなら長く眺めていたかったけれど、強い流れでエアの消費が早いうえに深いので、いつもより早めに浮上開始。根の上に戻ると、アンカーまで戻るだけでひと苦労。写真が撮れる状態ではなく45分でエキジット。

写真はダメでしたが、串本では初見のピグミーシーホース、最大級のカンパチ、そして強い流れで久しぶりに体力使ったスポーツダイビング。記憶に残る1本になりました。

-33m ピグミーシーホース
20170512100100


-12m ニシキウミウシ
20170512100000

用事が順調にこなせたので、帰りは少し早めに串本を出発して三重県熊野市の丸山千枚田に寄って帰りました。話すと長くなるんですが、結果的にフレーミングミス。悔いが残ります。

丸山千枚田の夕景
20170512maruyama002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 安土 繖山から1072レ EF66-27

4月24日 27号機が1072レで上った時には、まだ水田に水が入っておらず50点の出来。リベンジの機会を窺っていましたが・・・11日のA23運用から順調に流れれば5月18日の1072レのはず。仕事のスケジュールを全て午後遅い時間に調整して備えました。

朝、起きて運用をチェックすると予定通り。そして快晴!迷うことなく安土に向かいました。風があって水面は荒れていますが、登ってしまえば無関係。この時期には珍しく視界がよく、南は大津市内、北は湖北の山まで琵琶湖が全域見渡せる絶景。この風景のなかを走る27号機を豆粒で撮る贅沢!

2017年5月18日 1072レ 東海道本線 安土~能登川 EF66-27
20170518100100
201705181200500
20170518300100
20170518100300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

2017年5月11日 加島陸橋で81レ EF66-27

5月3日に5081レで吹田に戻ってから連休中、動きがなかった27号機。GWが終わって3日経ち、どの運用から再始動するか気になっていましたが、5月11日の81レから本線復帰。仕事の合い間に加島に行ってきました。

コンテナ スカスカ覚悟の81レでしたが、編成前半はびっしり荷物があってラッキーでした。

2017年5月11日 北方貨物線 塚本(信)~尼崎 EF66-27
20170511100100
20170511100200

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

2017年5月3日 早朝の安土で5081レ EF66-27

3日未明、寝る前にEF66-27が5081レの代走で下っている情報をキャッチ。時間的には仕事前に十分行ける。でも荷物の載りは悪そうだし、天気はあまりよくなさそうだし、睡眠不足で仕事するのはしんどいし。それでもやっぱり目が覚めて・・・まだ5時前なのに名神は渋滞寸前。世間はゴールデンウィークなんですね。そういえばもう2週間、休んでないなぁ。週1の休みすらままならない中小企業に勤める者としては別世界です。

それはさておき、この時期、まず思い浮かぶのは水鏡。ところが思っていたところは麦畑。久しぶりに安土に行ってみました。水田には水が入り、とりあえず線路は写ってるのでセッティング。しかし雲がベッタリ空を覆い真っ白け。冴えないなぁ・・・

2017年5月3日 5081レ 東海道本線 能登川~安土 EF66-27
20170503100100

通過の10分ほど前から用水路から水を汲み上げるポンプが動き出し、水面がザワザワ。ちょうどこのフレームの左外側が取水口。まぁ、この天気では悔しがるほどでもないんですが・・・EF66の運用が減った今、リベンジできる確率が限りなく低くなったのは辛いところです。吹田に戻った27号機、ゴールデンウィーク中お休みかな?

20170503100300

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

2017年4月27日 C56160 本線試運転 C56160+EF65-1124

D51200の本線復帰が遅れ、5月のSL北びわこに登板するC56160。4月27日、中間検査を終え、本線試運転が行われました。

できれば休みをとって行きたかったのですが、夜に入った予定をどうしても動かすことができず、仕事前のサボ鉄です。いつものように送り込みは瀬田川スタート。ぬるい光は当たっているものの空の色は白。比良山系も眠い感じでいまひとつ。

2017年4月27日 試9990レ 東海道本線 石山~瀬田
20170427100100
20170427100500

空の色がよくないので、篠原は編成メインのポジションで。

2017年4月27日 試9990レ 東海道本線 野洲~篠原
20170427200100

時間的には米原手前でもう一度撮れますが、北陸線内の様子を見ておこうと沿線をチェックしながら木ノ本方面に向かうもこれといったネタはなし。お手軽に新緑の丁野山バックでスタンバイ。ちなみに去年、この時期の試運転では煙が風で倒されたっけ。今日も風が強く、煙が暴れたら・・・なんて心配をしただけ無駄でした。C56は今日も元気に完全燃焼。

2017年4月27日 試9291レ 北陸本線 河毛~高月
20170427330100

20170427300100
20170427330330

仕事の時間から逆算すると米原までの復路はなんとかいける。河毛でスカ喰らったので、趣向を変えて、煙に頼らず線路から遠く離れて、新緑の山と水が入った水田をメインにフレーミング。ところが線路近くに駐車していた撮影者のクルマがバックし始め、フレーム内に侵入。あろうことか列車と重なる最悪の位置にストップ。通過までには、かなりの時間があったものの動かなければアウト。しかたなくその場を離れ、わずかな煙の可能性を求め、力行する区間に移動。どんより白い空、水の入っていない土の水田、はっきりしない伊吹山。これだけでもう負けは決まったようなもの。そのうえ、お約束のスカ。今日は4戦全敗。あとの仕事がしんどかったこと・・・またまた修行させてもらった一日でした。

2017年4月27日 試9292レ 北陸本線 坂田~米原
20170427400100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年4月24日 山の上から1072レ EF66-27